経験者が語るアパート建築費について

東京都内でアパート経営をおこなっております

アパート建築費 : アパート建築費ってどれくらい?

東京都内でアパート経営をおこなっております家内はアパート経営には反対をしていましたアパートのオーナーになることをおすすめします

私は15年前から、東京都内でアパート経営をおこなっております。
これを始めたのは、老後に豊かな生活をしたかったからであり、今では79歳という高齢ながらも毎月100万円の家賃収入を得て望み通りの豊かな暮らしをすることが叶っております。
そこでここでは、実際にアパート経営を実施している経験を語り、これから同じように不動産収益を得た方の参考に慣れれば幸いです。
一番多くの方が気になるのが、アパート建築費でしょう。
私自身もまだ会社員だったころは、どれあけ巨額の費用がいるのかと思い悩んだものです。
その具体的な金額と、調達の方法について述べていきます。
まず150戸の大型アパートの場合は、アパート建築費は約6億円必要でした。
もちろん、この金額を最初に用意することはできず、小さな20名しか住めないハイツから不動産投資をスタートさせたわけです。
資金は早期退職をしたお金と、シティー銀行2社から計5000万円を借り入れて賄いました。
担保となったのは私の父が残してくれた山林で、おかげで借金が返せない場合でも小さなダメージで済むようにできたわけです。

入居者激減していくだろうし、たいへんな事態になりそう。
「レオパレスのアパート建築費は平均8千万~9千万円で、2000年以降に建った物件だけの推計でもオーナーが抱える借金総額は2兆円を超える。
そしてその過半は地銀からの融資」/レオパレス、混迷深まる https://t.co/Iu7SdsxqyE

— 佐々木俊尚 (@sasakitoshinao) March 7, 2019